頭皮に直接つけるAGA薬

薬によるAGA治療のメリット

AGA対策は薬による方法がベストで、育毛剤より発毛剤のほうが高い発毛作用を期待できます。育毛剤の特徴は薬ではないことで、薬に該当するものは発毛剤に分類されています。第三類医薬品や第二類医薬品など、医薬品と記載されているものは効果・効能が期待できる薬です。第一類医薬品に関しては薬剤師の許可がある場合のみ購入することができます。頭皮につける薬によるAGA治療のメリットは、血行促進と栄養補給・頭皮サイクルの正常化が可能になることです。薬には経口タイプもありますが、こちらはAGAの引き金となる男性ホルモンの分泌を抑えるのが目的です。これに対して頭皮に直接つけるタイプは、血行を促進して硬くなった頭皮を柔軟にするのが目的となります。経口タイプは医療機関でしか処方していませんが、頭皮につけるタイプは医療機関のほか薬局やドラッグストアでも販売しています。

気長に使い続けることが重要

頭皮につけるAGA薬は即効性がないため、4ヶ月以上または6ヶ月以上の使用が必要となります。発毛剤の種類によって異なりますが、一般的に有効成分の濃度が高いほど短期間で実感できます。すぐには実感できない理由はシンプルで、ヘアサイクルを正すには時間がかかるためです。髪の成長期が短くなった状態を変えていくには、少なくとも数ヶ月は要するのです。AGA薬の効果を高めるためには、清潔にした頭皮に使用する必要があります。1日1回使用するタイプだと入浴後、1日2回使用するタイプだと入浴後と起床後に使用するのが好ましいです。AGA薬を使用するときは頭皮マッサージを行うことで、浸透力を高めることができます。頭皮を動かすようにマッサージすると、頭皮を柔軟にして血行促進が期待できます。

© Copyright Hair Loss Treatment Plans. All Rights Reserved.